2018年08月11日

城愛音 個展「short pieces」

今週のギャラリーショップコラージュは【城愛音 個展「short pieces」】を開催しています。


dm.jpg IMGP2850.JPG

作家・城愛音による個展です。
現在、京都市立芸術大学修士課程の油画専攻に在学中であり、今回、油彩の小作品を中心に展示しています。

小作品14点、大作2点、全て2018年に制作された作品です。
昨年、2017年8月に同時代ギャラリーにて初個展を開催しました。
以来、1年振りの同時代ギャラリーでの開催です。


IMGP2814.jpg IMGP2855.JPG

城愛音は、身近な人物(家族)を対象に作品を描き、それらの作品を「遠い自画像」と呼んでいます。
また、流動的な油絵具の筆致や透明感のある鮮やかな色彩の組み合わせによる表現が特徴的です。


IMGP2866.JPG IMGP2803.jpg

今回、ポートレイト作品シリーズより1点。また、100号、130号の大きな新作を展示しております。
大作は、鮮やかで明るい色彩が目に留まる一方で、描かれている人物には穏やかな印象をうけます。
また、展覧会テーマが「SHORT PIECES」という事で、個人でも手に取って楽しんで頂けるような小作品を展示しております。

IMGP2840.JPG 

また、人物以外のモチーフの花や植物を描いたポストカードサイズの作品は、油絵具の物質感や色彩の響き合いが心地よい作品です。

作家の城さんは、土曜日16時まで、日曜日、在廊されます。
今週、12日(日)までぜひお立ち寄りくださいませ。


IMGP2819.JPG IMGP2808.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会期:2018年8月7日(火)〜8月12日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 13:43| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月の実験shop1928『Golden Flower -INTOMOMI shop&gallery-』

8月の実験shop1928
【 Golden Flower -INTOMOMI shop&gallery- 】

会期:2018年8月1日(水)〜8月30日(木)
営業時間:12:00-20:00
※月曜日休廊
場所:1928ビル1階 同時代ギャラリー[実験shop1928]

dm.jpeg 1.jpg

アルミや樹脂、ペイントを施した一点モノのアクセサリーを制作している
いん ともみ のshop&galleryが期間限定でオープンします。
お部屋に飾れる小さな絵や粘土の置物も展示販売いたします。

日々のこころに潤いとスパイスになる、生命力溢れる身に付けるアートをつくりました。
どうぞお気軽にご来店くださいませ。

(Instagram:@tomomi_in)

------------------------------------------

作家・いんともみによるshop&galleryです。
2010年頃からアクセサリーや雑貨類の制作を始めたという、作家のいんさん。
扱う素材を何かひとつに限定せずに作りたい、という思いから
これまでに、布、レザー、プラバンや粘土など、手に入れやすい様々な素材を使って作品を制作してきました。
最近では、アルミなどの金属や樹脂を使ってアクセサリーを制作されています。
合わせて展示される絵画も、油彩、水彩、アクリルと多種多様です。


2.jpg

*1年半程前からメインで制作しているというアルミを使ったアクセサリー。
叩いたり、ねじったりして作られます。
大振りなのでファションのアクセントに。とても軽いです♪


3.jpg

*色鮮やかに彩色したプラバンのアクセサリー。


5.jpg 4.jpg

*粘土を使った不思議なオブジェたち。
どことなくジブリの某キャラクターに似てる?


7.jpg 6.jpg

*いんさんの内から滲み出たものを集約したようなパワー溢れる絵画作品の数々。


8.jpg

*その他、独特な質感のアクセサリーも。

まだまだ暑い日が続きますが、ぜひご来場くださいませ。


10.jpg 11.jpg
posted by 同時代ギャラリースタッフ at 13:00| Comment(0) | 実験shop1928 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

藤井ゆみ 展

今週のギャラリーショップコラージュは【藤井ゆみ 展】を開催しています。


dm.jpg

作家・藤井ゆみによる個展です。
手染めの和紙、シルクを使用したニット作品を展示しています。


作品を発表しはじめ、今年で30年目だという藤井さん。これまでは東京や名古屋など関東方面で個展を開催してきましたが、2,3年程前からは関西でも発表するようになったそうです。京都での展覧会は今回がはじめてとのこと。


2.jpg 1.jpg


4.jpg

南米のバショウ科の葉から作られる和紙の糸を手染めし丁寧に編み込まれたニット作品。ベストやパンツ、カーディガンやストールなど日常的に使いやすい品々が揃っています。

触ってみると、シャリっとしたはりのある質感で通気性がとても良く、汗がだらだらと出てくる今の時期にも蒸れずに涼しく着ることが出来ます。
普通の衣服のように洗う事もできるので、丁寧に扱えば長く使うことが出来るそうです。


3.jpg 5.jpg

6.jpg

カラフルで可愛らしいものや、落ち着いた色合いのもの、裏と表で図柄のモチーフが異なるもの等、デザインも様々なものがあります。
ぜひお手にとってご覧くださいませ。


会期:2018年7月31日(火)〜8月5日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)
※藤井さんは毎日在廊されます。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 13:33| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする