2016年09月19日

[ Flower of Life ]津久井智子<版描>展

今週のギャラリーショップコラージュは、消しゴムはんこ作家・津久井智子による個展
『[ Flower of Life ]<版描>展』を開催しています。

会期:2016年9月19日(月祝)〜9月25日(日)
12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
1.jpg 3.jpg
15才の頃より消しゴムはんこを作りはじめ、特技としてきた津久井さん。メディアやワークショップにて消しゴムはんこの楽しさを紹介し、各所で展覧会を開催しておられます。京都では今回が初めての開催だそうです!
2.jpg 6.jpg
「版描」(津久井さん独自の技法)による絵画作品や、津久井さんがデザイン監修されたポストカードやマスキングテープ、消しゴムはんこ制作セットなどの雑貨類を展示販売します。
4.jpg 5.jpg
色の濃淡や一つ一つのモチーフの重なりを微妙に変えることで奥行きのある画面をつくり出せるそうです。キャンバスの作品は、通常のスタンプインクではなくアクリル絵具を使ってはんこを押しており、しっかりとした1点ものの絵画として仕上がっています。ぜひ会場にて実物をご覧ください。
会期中、津久井さんは毎日在廊されていますので、作品や技法についてもお気軽にお話してみてください。
*9/22(木祝)、9/24(土)には会場にてはんこ作りワークショップが開催されます。詳細やご予約については津久井さんのHPをご覧下さい。
http://tsukuitomoko.com/
posted by 同時代ギャラリースタッフ at 17:29| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都市立銅駝美術工芸高等学校 ‘97年卒 同窓展

今週のギャラリーは、「京都市立銅駝美術工芸高等学校 ‘97年卒 同窓展」です。

1.jpg 7.jpg
---------------------------
京都銅駝美術工芸高等学校は、京都市内の中心地にほど近い川端二条の鴨川横に位置する、美術工芸を専門とする高等学校です。
当時、日本画・西洋画・彫刻科・図案科・漆芸科・陶芸科・服飾科・染織科と8つの科があり、私たちは、1997年(平成9年)に卒業しました。
来年三月で、卒業後20年を迎えることになります。
卒業後10年目の1回目‘97年卒同窓展から、10年が経ち2回目を同期生から有志をつのり、開催する事となりました。
今も変わらず制作を続けている者、全く違う仕事をしている者、結婚をしている者。
住んでいる場所や、生活も様々ですが、銅駝美工で過ごした日々は今の私たちの原点でもあると言えます。
在籍時の専攻と見比べながら、ぜひ御高覧ください。(出品者一同)

〈出品作家〉
稲田憲昭・岡本旬子・高田学・そよか・平光代・出藏(今田)裕子・Atsuko・中島(堀田)円夏・時澤真美・大村洋二朗・田中へこ・藤田丈裕・朝倉(石 割)彩・後藤(本田)洋子・牧山(中井)智恵・トキノハ 清水友惠・北村三彩・仲上雅子・YOKO HADA・山本奈津子(COLOR SOUL)・土井一馬・M田(堂守)智子・宮里絵美
---------------------------

8.jpg 6.jpg 2.jpg
日本画・陶芸・ガラス工芸・イラストレーション・仏像彫刻など様々な分野の作品をお楽しみ頂けます。どうぞご来場ください。

5.jpg 4.jpg 3.jpg

会期:2016年9月19日(月祝)〜9月25日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00まで)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 17:27| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

伊賀山麓一鯉亭 石田萬世 展

今週のギャラリーショップコラージュ『伊賀山麓一鯉亭 石田萬世展』

会期:2016年9月13日(火)〜9月18日(日)
12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
作家在廊日:毎日

1.jpg

今週のギャラリーショップコラージュは、書道家・石田萬世による個展です。
----------------------------------------
Living with 書〈SHO〉
〜暮らしの中に“書”を〜
玄関に、リビングルームに
お花を飾るように“書〈SHO〉”を
飾ってみませんか?
小生の“書〈SHO〉”
御高覧の上御批評頂ければ幸いです (石田萬世)
----------------------------------------
書道家の父の影響をうけ、30代頃に脱サラし書道の道に進むべく師匠・石坂月秋氏のもとで学びはじめたという石田さん。現在は、書道教室にて子どもから大人まで指導しながら、自身の作品制作を行っているそうです。

4.jpg 2.jpg 3.jpg

作品は、軸作品や小さな額に入れたものなど、実際に家の中でインテリアとして取り入れやすいようなサイズ感や雰囲気を大切に制作されています。
書は石田さんの奥様が書いた詩などをもとに書かれており、色鮮やかな表装は、書のイメージに合うよう師匠の奥様によって仕立てられたものだそうで、まさに 三位一体となって生み出されたオリジナリティ溢れる作品となっています。※珈琲カップやビアカップなど、師匠のつくった陶芸作品もあわせて展示中です。

6.jpg

会場では、お名前や好きな言葉を無料で書いて頂けるイベントも行っています。

5.jpg

書を気軽に楽しめる展覧会、ぜひご覧ください。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 13:52| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする