2019年08月07日

LEE CHAN MIN 2019 Do-Kae-Bi(道快碑)展

今週のギャラリービス


2019 Do-Kae-Bi(道快碑)_전시포스터.jpg

【LEE CHAN MIN 2019 Do-Kae-Bi(道快碑)展】
会期:2019年8月6日(火)〜8月11日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は14:00まで)


1.jpg 2.jpg


韓国 釜山で活動する作家・LEE CHAN MINによる個展です。


韓国の慶尚南道あたりで通称「Do-Kae-Bi(道快碑/ドゥッケビ)」と呼ばれるゴブリンをモチーフとした、陶芸による自画像作品を展示しています。

日本ではゴブリンというと鬼のように邪悪なものである印象がありますが、韓国ではユーモラスで友好的なオバケとして認識されているそうです。それは時に「プラス思考」や「良く生きようとする前向きな意志」などを表す概念的なものとしても考えられるそうです。


3.jpg  5.jpg 

8.jpg

今回は首から上の頭部を表したオブジェや、顔の一部を型取りして制作した作品など、様々な形態の自画像を発表します。


6.jpg 9.jpg

10.jpg

また自画像をつくった時の残りの土で制作した、小さな人型の石碑も多数展示しています。


4.jpg 7.jpg


ぜひご来場ください。


--------------------------


Do-Kae-Bi


Goblin which I want to make doesn't mean a phrase referred to as Gyeongsangnamdo dialect 'Do Kae Bi', but shows self-portrait,as a memorial stone seeking and enjoying the truth.
Ordinally, a goblin is misunderstood as Japanese 'Oni' which bullies people, Korean traditional Do Kkae Bi was humorous and friendly one who gave a prize to the good and did mischief to the bad.
It is said that everyone around you can be Do Kkae Bi, which is a warning about morality that ancestors wanted to give later generations through the story of Do Kkae Bi and represents humorous sense showing the preciousness of daily life.

Do Kae Bi which I have made is not an inessential shape of Korean Do Kkae Bi.

I think the meaning of Do Kkae Bi has something in common with 'moral' in these modern times when civilization has been developed fast and the most important morality has been lacked.
That is, 'Do Kae Bi' is my proposal that I want contemporary people to have a honest sight and be considerate of others' feelings. Also, Do Kae Bi is a self-portrait as a one person who is a member of society and look it as well as warning about moral laxity which contemporary people have lost.
(LEE CHAN MIN)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 17:43| Comment(0) | ギャラリービス紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

-calm moments- Kathy Ike recent works

今週のギャラリーショップコラージュ


IMG_20190720_0001.jpg


【-calm moments- Kathy Ike recent works】
会期:2019年8月6日(火)〜8月11日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00まで)
*8/10(土)18:00〜20:00 Closing Party


1.jpg 3.jpg


2.jpg


オーストラリア出身の作家・Kathy Ike(キャシー・イケ)による個展です。
同時代ギャラリーでは2013年の開催以来、2回目の開催となります。

35年以上前にオーストラリアで中国の芸術家から絵画を習い始めたというキャシーさん。その後京都で20年に渡り墨絵を続けています。


7.jpg 6.jpg


一輪の花、かぼちゃ、猫やカササギなどモチーフの一つ一つをじっくりと描いた作品には、「calm moments」=穏やかな瞬間 というタイトルの通り、静かでゆったりとした時間が流れているように感じます。


5.jpg 4.jpg


ぜひお楽しみください。


〈Kathy Ike〉Australian

Kathy started brush painting in Australia with a Chinese artist/teacher over 35 years ago.
She continued sumie practice in Kyoto for over 20 years.
Now she is working independently. Her focus is to give viewers a moment of quiet tranquility in her paintings. Just looking – for a moment – at one of her paintings offers a little break from the hectic demands of everyday life.
Kathy has exhibited in Kyoto since 2010, in both group and solo exhibitions,
including at:
The Kyoto Museum of Art Bekkan, (group)
The 1928 Building gallery ‘Collage’ (solo)
Her work has been acquired by various private buyers in Japan, Singapore, the United States and Australia.

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 17:39| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤井勘圿 絵画展

今週のギャラリー


IMG_20190728_0001.jpg


【藤井勘圿 絵画展】
会期:2019年8月6日(火)〜8月11日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00まで)

画家・藤井勘圿による個展です。
墨、岩絵具、水彩による絵画作品を展示しています。


1.jpg


藤井さんの作品は、自身の心の中にある美しさを民画や人形をモチーフに描いた「心象人物」シリーズ、


4.jpg 5.jpg


植物や野菜など身近なものを描いた「祝祭」シリーズ、


2.jpg 7.jpg

6.jpg


日本猿をモチーフに描いた「マシラ」シリーズなど、様々なテーマがあります。


9.jpg 8.jpg


黒色の背景に映える鮮やかな色彩、味のある線でとらえた植物や野菜のかたち、墨の柔らかな広がりによって表現する猿の毛並みなど、見どころがたくさん。


3.jpg 10.jpg

ぜひご来場ください。


〈藤井勘圿/FUJII Kansuke〉
1947年 兵庫県山南に生まれる
1963年 京都・増永弥太郎先生に師事
1974年 独立。独学にて絵を描き始める
1980年 小松均先生の墨絵教室開塾、入塾す
1988年 東京にて初個展
      以降、玉川高島屋、名古屋丸栄スカイル
      銀座松屋等にて個展開催
現在 無所属

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 17:37| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする