2017年06月28日

岸田志穂 個展「糸をうつす」

今週のギャラリーショップコラージュは、刺繍作家・岸田志穂 個展「糸をうつす」を開催しています。


--------------------------------
手で染め、手で刺繍をすることに拘りを持って制作しました。
ひと針ひと針縫い留めた、歩く前に履く靴や、日々の暮らしを彩るパネルやアクセサリー。

一本一本の糸が、植物や空をうつします。
私の楽しく縫いとめた糸が、あなたの日々を楽しく縫いとめてくれますように。


〈岸田志穂 / KISHIDA Shiho〉
1989年 埼玉県生まれ
2012年 女子美術大学芸術学部工芸学科染め専攻 卒業
2014年 金沢卯辰山工芸工房 入所
2017年 金沢卯辰山工芸工房 修了
現在、金沢市にて染色・刺繍作家として制作活動中
--------------------------------


1.jpg 7.jpg 8.jpg


岸田さんは、自分で染めた布にこぎん刺しのような技法で刺繍を施し作品を制作しています。京都では初めての個展となる今回、ファーストシューズを中心にパネルやアクセサリー作品を発表します。


2.jpg 


代表作であるファーストシューズは、赤ちゃんが初めて履く靴のこと。岸田さんは刺繍の一針一針糸を刺すという行為や時間が、想い、願い、祈ることの手段として適していると考え、この作品が大切な人の人生の初めの一歩のお供になればとの意味を込めて作品を制作しているそうです。


5.jpg 4.jpg 6.jpg


幾何学的な模様が特徴的な岸田さんの刺繍は、近くで見ると本当に一針ずつ丁寧に縫われているのがわかります。


3.jpg


また襟の部分に刺繍を施したスタイもあわせて展示販売しています。出産のお祝いギフト等にいかがでしょうか。ぜひご来場ください。


会期:2017年6月27日(火)〜7月2日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00迄)
*作家在廊日: 30日、1日、2日

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 15:02| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小島柚穂 個展「藍をうつす」

今週のギャラリーは、藍染作家・小島柚穂 個展「藍をうつす」です。


1.jpg


--------------------------------
やわらかな 春の こもれびか
ふれたら とける はつゆきか
藍がうつすその色は
私がうつすその色は
あなたの中では なにいろか


〈小島柚穂 / KOJIMA Yuzuho〉
1990年北海道生まれ。2014年に京都市立芸術大学美術学部工芸科染織専攻を卒業後、2015年金沢卯辰山工芸工房に入所。2016年正藍染講習を受 講[栃木県佐野市]。型による本藍染を中心とした上品で力強い印象を持ったテキスタイルを制作。主な個展・グループ展に「siwnin collection -1.8℃」。(2014/ギャラリーショップコラージュ[京都])アートフェア札幌2016」(2016/クロスホテル札幌[北海道])。現在、金沢卯 辰山工芸工房にて研修中。
--------------------------------


2.jpg 7.jpg


タペストリーを中心に、パネル、アクセサリーやストールなど、藍染の布による幅広いジャンルの作品を展示しています。


4.jpg 3.jpg 5.jpg


1枚の反物を複数つなぎ合わせて仕立てたタペストリーやパネル作品は、山の尾根やうね、流氷の氷の動きをイメージした「Ridge series」というテーマのもと制作した型紙を使って染められています。1点1点柄が異なるように見えますがほぼ同じ型紙が使われており、型紙をずらしたり反転させたり、染めた布の切り取る位置を変えたりすることによって、様々な模様を展開させているそうです。


8.jpg


青や水色、濃紺など多様で深い藍の色が目にも涼しく、じめっとした暑さを払うような爽やかな空間となっています。ぜひご覧くださいませ。


会期:2017年6月27日(火)〜7月2日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00迄)
*作家在廊日:27日、30日、1日、2日

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 14:59| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

三浦侑子吹きガラス作品展

今週のギャラリーショップコラージュは、『三浦侑子吹きガラス作品展』を開催中です。


8.jpg


-----------------------
9回目の夏の作品展となりました。
昨年から引き続き、原点回帰中。
技法の歴史などを調べるうちに
美しい壺をつくりたくなりました。
ただ、作ることを楽しむ、
その原点を感じとっていただけたら。


〈三浦侑子 / Miura Yuko〉
1982 大阪八尾市生まれ
2004 京都造形芸術大学 空間デザイン学科 卒業
2006 富山ガラス造形研究所 造形科 卒業
2006〜2008 磐田市新造形創造館 ガラス工房スタッフ
2008〜2011 磐田市新造形創造館 専任講師
2011〜岡山県鏡野町 在住
2015〜Bamboo Glassを屋号に作家活動を始める。
http://www.bamboo-glassworks.com/
-----------------------


4.jpg 6.jpg


涼しげなガラスの作品がほしくなる季節ですね。三浦さん、今回の個展では、昨年に続いて古典的な技法や形状をもとにイメージを膨らませ作品を制作されたそうです。


2.jpg 7.jpg 3.jpg


取手のついた深緑色の瓶、分厚い口のボトル、動物型の一輪挿しなど、古代の品々を思わせるような作品が並びます。
平皿や小鉢、グラスや花瓶など日常使いできるもの、プレゼントにもおすすめの作品も多数。。。ぜひご来場ください。


5.jpg 1.jpg


*三浦さん在廊日:24日(土)25日(日)
会期:2017年6月20日(火)〜6月25日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00迄)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 19:31| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする