2017年06月21日

長谷川泰子 個展 『峠の向こう側で』

今週のギャラリーは、作家・長谷川泰子の個展『峠の向こう側で』を開催しています。


3.jpg 5.jpg


----------------------
遠い思い出の中の風景。夢でみたかもしれないもの、遠すぎて思い出せない人々。
記憶のなかにひっかかっている、わけのわからない「変なもの」を描きたいと思います。

〈長谷川泰子/ Hasegawa Yasuko〉
1953 大阪府生まれ
1981 京都市立芸術大学 大学院 油画科修了
----------------------


2.jpg 1.jpg 


長谷川さんの個展、同時代ギャラリーでは今回2回目となります。
前回開催(2016年1/19-1/24)の個展の様子はこちらから→http://dohjidai.seesaa.net/article/432781028.html


4.jpg 8.jpg


今回は、背景色にオレンジなどの暖色を用いたり、黒い服を着たおじさんも登場したりと、またひと味違った雰囲気の作品も展示しています。
そして作品を描くスピードがはやい、という長谷川さん。本展の作品も全て新作で、半年もかからないうちに描きあげたそうです。


6.jpg 7.jpg


不思議な世界のイメージがどんどんと湧いてくるのでしょうか?!ぜひご来場ください。
*長谷川さん、毎日在廊されます。


会期:2017年6月20日(火)〜6月25日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 15:04| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

Shu Konishi 個展『LOVE』

今週のギャラリーショップコラージュは、作家・Shu Konishiによる個展『LOVE』を開催中です。


1.jpg 2.jpg



-------------------------------
人体を直接型取りして作品を造っています。
この制作方法は、写真表現においてモデルとフォトグラファーによってつくられるコミュニケーション(緊張感を伴う良好な関係)と似ている。
お互いの信頼し合った時間から、かけがえのない『美しさ』が創られると考えている。
この創造的作業を『Life Cast Art』と命名している。
〈Shu Konishi〉http://www.atelier-shu.com/
-------------------------------


4.jpg 7.jpg

主に身体(女性のお尻)を型取った作品でしられる作家のKonishiさん。同時代ギャラリーでは3回目となる個展です。今回は、人間誰もが心の裏側に持っているであろう欲望など、より深い人間の「業」にせまるような作品を展示します。


5.jpg 6.jpg 3.jpg


ハイヒールを履いた網タイツの足や縄で縛られた身体、性器そのものによる花器など、様々な性的フェティシズムについて人体を直接型取って成形することでストレートに表現した作品は、直接的で刺激は強いものの卑猥な印象というよりはむしろ清々しさを感じます。


Konishiさんは会期中毎日在廊していますので、ぜひ作品についてお話してみてください。


会期:2017年6月13日(火)〜6月18日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)


*過去の展示についてはこちらからご覧ください
1回目→http://dohjidai.seesaa.net/article/433073891.html
2回目→http://dohjidai.seesaa.net/article/444467147.html

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 12:18| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

黄菊しーく 個展

今週ギャラリーでは、作家・黄菊しーくによる個展を開催中です。


6.jpg 2.jpg 1.jpg


イラストや絵画作品を制作する他、音楽やPVのアニメーションなど幅広い表現活動を行っている作家「黄菊しーく」さんによる個展です。普段は関東で活動されており、関西では初めての個展だそうです。展覧会初日、楽しみにしておられたファンの方々がたくさんお越しでした。


3.jpg 5.jpg 4.jpg


アクリル絵具、色鉛筆で色彩豊かに描かれたしーくさんの絵画には、髪の長い女の子がいつも登場します。彼女達は細胞や卵、お花のような丸い不思議な物体に 囲まれ、じっと何処かを見つめています。衣服もなにも身につけていない原始的なその姿は何かの妖精のようであり、生命や自然そのものを表しているようにもみえます。どこか儚く幻想的な世界観にとてもひきつけられます。


7.jpg


また本展ではしーくさんがユニットとして共に創作活動をしているという音楽家・きくおさんとの合作も数点展示しています。


8.jpg


会場ではポストカードやシール、CDなどのグッズも販売しています。

※数量限定で、ポストカード&ステッカーセットを1部無料で配布していますので、気になる方はぜひお早めにご来場ください!


会期:2017年6月13日(火)〜6月18日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00)
*しーくさんは毎日会場にいらっしゃいます。
しーくさんWebサイト→http://si-ku.her.jp/

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 12:51| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする