2017年07月11日

いけうらあやこ 個展『あお展』

今週のギャラリーショップコラージュは、いけうらあやこ 個展『あお展』を開催しています。


1.jpg


---------------------------

白いキャンバスに青い絵の具をたらし、出来たシミの輪郭をたどっていく。
その形からまた次のイメージが閃き、作品が完成します。
青い絵の具のシミをひたすら見つめて、何の形が見えるのか。
その形は具体的なものであろうが抽象的なものであろうが、どこか私の心にひっかかるものばかりです。
作品達は、無意識的に私の心の一部を表現したものなのかもしれません。


〈いけうらあやこ〉
1992年生まれ 京都府出身
2010年 京都市立銅駝美術工芸高等学校 油画専攻 卒業

日々の中で感じた事をテーマとして作品を制作している
油画、アクリル画、ミクストメディアなど表現は多岐にわたる
---------------------------


いけうらあやこ個展、同時代ギャラリーでは初めての開催です。「青」をテーマとしたアクリル絵具による絵画を発表します。


4.jpg


青は、色彩心理学でも集中力や創造力を高める色とされており、いけうらさんにとって、様々なイメージが湧いてくる色だそうです。


5.jpg 2.jpg 3.jpg


シミによる偶然性と、意識的・無意識的に構成した色彩やモチーフによって様々なイメージが生み出されています。


6.jpg 7.jpg


メディウムで盛り上げた独特な質感も印象的です。
 
会場は作品にあわせて青色に統一されており、この時期にぴったりの展覧会となっています。ぜひご来場ください。


2017年7月11日(火)〜7月16日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00迄)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 17:42| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

Collecting Time 2017

今週のギャラリーは『Collecting Time 2017』を開催しています。


1.jpg 6.jpg


同時代ギャラリーは2013年より、スイス・ジュネーブの芸術家組織Cheminée nordと相互にアーティストインレジデンス交換プロジェクトを実施しています。本展はその第5回展となります。(京都では3回目の開催)
今回は、スイスで活動する2名のアーティスト〈Maria Bill & Sophie Arrandel〉が作品発表を行います。


3.jpg 7.jpg 8.jpg


マリアさんは、都市の風景やその変遷に興味を持っており、そこから発想したイメージを、版画(モノタイプ)やドローイング、小さな模型などを用いて表現します。
Maria Bill Web: https://www.mariabill.net/


2.jpg 4.jpg 5.jpg


ソフィーさんは、水と塩を使い、塩の結晶化の現象を利用して制作した彫刻作品やドローイングで構成したインスタレーションの展示です。カラーインクに浸かったオブジェは進行形の作品で、これからどんどん姿が変わっていきます。
Sophie Arrandel web:http://www.sophiearrandel.com/


14日(金)には、18時からレセプションパーティを開催します。
2名の作家もスイスから来日していますので、ぜひご来場ください。


会期:2017年7月4日(火)〜7月9日(日)
12:00〜19:00(最終日は17:00迄)
※10日(月)休廊


-------------------------------
「Collecting Time(コレクティング・タイム)」は、同時代ギャラリーと、クグラー工場跡地(スイス・ジュネーブ市の文化センター: www.usinekugler.ch)に居を置く芸術家団体シュミネ・ノールおよびその展示会場“スペース・シュミネ・ノール”が開始した、2つのアート・スペース、2つの文化、2つのダイナミクスの交換プロジェクトです。
本交流は、両者の永続的なパートナーシップを築き、展覧会とレジデンスを介して、異なった文化的背景をになうアーティスト間の対話を広げ、それぞれの国の政治的・社会的状況に固有のテーマを反映するようなアート・プロジェクトの創出を促進することを目指しています。
京都市民の方々にとって本イベントは、今日のスイス文化の様々な側面を見いだすとともに、アーティストたちと交流する機会となることでしょう。
http://www.dohjidai.com/gallery/artist-in-residence/

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 14:26| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする