2017年09月07日

TORICI  17/18 COLLECTION IN KYOTO

今週のギャラリーショップコラージュは『TORICI  17/18 COLLECTION IN KYOTO』を開催しています。


1.jpg 2.jpg


ニットブランド「TORICI」によるニットウェアの展示受注会です。


デザイナーの鳥飼さんは、機械によって大量生産されているニットでは味わえない素材、質感や色彩の良さを求め、日本の職人によって一着一着丁寧に編み上げるニットブランドとして、2015年にtoricotenを立ち上げました。
2016年3月には名称を「torici」に改名するなど、体制が新しくなりましたが、流行に影響されずにずっと長く使えるニットをつくり続けています。
HP:https://www.torici.jp/


7.jpg 5.jpg


素材の良さを楽しんでもらいたい、との思いから、鳥飼さんのつくるニットはシンプルでベーシックなデザインのものが中心となっています。ウール100%のセーターやシルクカシミアを使った春夏用のカーディガンなど、季節ごとのアイテムを展示しています。


4.jpg


また今回は、会場の雰囲気にあわせて、京都らしさを感じられる季節の草花をその場でアレンジメントしてもらったそうです。ニットの風合いをより引き立てるやわらかな空間となっていて素敵ですね。


3.jpg 6.jpg


素材や技法にとことんこだわって制作されたニット、デザイナー鳥飼さんのお話とともにぜひご体感ください。


会期:2017年9月5日(火)〜9月10日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00まで)
※鳥飼さん9日(土)以外は在廊されます。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 16:36| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第13回 グループ写真展 X接点「△◯□」

今週のギャラリーは『第13回 グループ写真展 X接点「△◯□」』を開催しています。


1.jpg


毎年同時代ギャラリーにて展覧会を開催しているグループ「X接点」による写真展です。

今年で第13回目の開催です。


〈X接点メンバー〉
太田 智子、長田 浩聡、木佐森 裕史、木田 光重、登日 伸一郎、原田 景子


これまでは、あるテーマについて6名それぞれが制作した写真作品を発表するという展示形式でしたが、今回は「6名全員で1つの作品空間をつくる」という全く新しい試みに挑戦されています!


-------------------------------
今回の作品は、禅の概念の一つである「◯△□」をテーマに制作いたしました。


◯:まる。宇宙。存在するすべてのもの。こころ。
△:さんかく。座禅の姿。仏。
□:しかく。とらわれた心。枠から一歩踏み出すことが大切。


禅の思想の入口に立ったとき、それぞれのメンバーが感じたもの、おもい、表現をごゆっくりとご覧ください。
そして、あなたには何が見えるでしょうか?
(会場設置文より)
-------------------------------


5.jpg 3.jpg


大きな壁面や小部屋など、ギャラリーの構造をいかしたインスタレーション。


6.jpg 4.jpg


まるで庭を前にした時のように、流れる時間や自分の思考に心静かに没頭できる、ゆったりとした空間となっています。

ぜひお楽しみください。


X接点Facebook:https://www.facebook.com/X%E6%8E%A5%E7%82%B9-720524428138…/…

会期:2017年9月5日(火)〜9月10日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00まで)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 16:30| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする