2017年10月19日

姜鍾浩 展 〜아리랑(Arirang)長白山〜

今週のギャラリーは『姜鍾浩 展 〜아리랑(Arirang)長白山〜』です。


2.jpg


画家・姜鍾浩による展覧会です。
姜先生は、30年にわたって「長白山」*という山をモチーフに作品を描き続けてきました。


*中国吉林省と朝鮮民主主義人民共和国の国境上に位置する山。半分は中国、半分は北朝鮮の領土であるために朝鮮半島では白頭山、中国大陸では長白山と呼ばれる。中国では満州族(旧女真族)の聖地、朝鮮半島では朝鮮民族発祥の聖地と伝えられている。


〈長白山への道〉〈長白山の氣運〉(長白山天池)〈長白山雪之恋〉〈夢の長白山〉など長白山をテーマにした個展をこれまでにも多数開催してきました。同時代ギャラリーでは4回目となる今展では〈Arirang 長白山〉というテーマのもと、紙にオイルパステル、キャンバスにアクリルで描いた作品を展示します。


1.jpg


---------------------------
日常の中で私たちは、自分は何者なのか、自分自身のアイデンティティーについて考えることがあります。
私もいつも悩みながら創作活動を続けています。
自分自身について何か氣づいたり、氣づかなかったりしながら混沌の中で生きています。
その中で私は今日もキャンバスに創作のテーマである長白山を描きながら、想いを巡らせています。
心穏やかに、繰り返し線を描くうちに、遮られた線と線の間に徐々に表れる長白山に、たしかに生き生きとした氣運を感じます。
日常の事物の中にある線と線のあいだには、空間があります。それは小さな空間ですが、生命はそこに芽を出し、成長して行きます。
居場所を見つけ出し、芽を出し、やがて花を咲かせ、実を結ぶ… この世の私の人生のようです。長白山はそのような私の思いを、春夏秋冬を象徴する虹のような色彩と線であらわすかのようです。

アリランのシンボルである長白山に、これまでにない新しい空間(表現)を私は生み出して行きたい…。

(姜鐘浩ノートより)
---------------------------


長白山という大いなる山が発するエネルギーを受け、感じたことをそのまま表現するという姜先生。時に力強く大胆なタッチで描いたり、時に優しく柔らかな色彩で描いたり、、、様々な絵画技法を用いて長白山の表情を長年捉えてきました。


7.jpg 6.jpg


近年では、長白山を描いた上から色の線を塗り重ねるというこれまでにない方法で作品を制作しています。


8.jpg 4.jpg


色の間に見え隠れする長白山の姿は、私たち観賞者にも様々な感情やイメージを与えてくれることでしょう。


長白山に自身の人生を重ね、想いをかける姜先生の作品をぜひご覧ください。


5.jpg 3.jpg


会期:2017年10月17日(火)〜10月22日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00迄)
※21日(土)夕方〜レセプションパーティを開催

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 18:17| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

2017年10月実験shop1928『Dry. Dont dry. as is.』

DMomote.jpg


『Dry. Dont dry. as is.』
会期:2017. 10/1(日)〜10/29(日)
営業時間:金 15:00-19:00
     土日 13:00-19:00
※その他不定期オープン/不在時はギャラリー対応
場所:1928ビル1階 同時代ギャラリー
実験shop1928


IMGP9670.JPG


今月の実験shop1928は「 Dry. Dont dry. as is.」
3みっつと元橋みぎわによるアクセサリーショップ、作家ものならではの繊細で美しいアクセサリーが並んでいます。
注目は秋の模様を施した金彩のブローチや、オパールの浮かぶガラスの指輪・・・


IMGP9688.jpg IMGP9676.JPG


衣替えに合わせ是非足をお運びください。


IMGP9697.JPG


----------------------------------

ガラス、陶器、天然石、金属などを使ったアクセサリー
秋の新作を含めた展示会です。
季節の変わりめ、秋冬の装いのご用意に。
温かみのある冬のお素材に、合わせやすいアイテムを揃えました。


DOHJIDAI GALLERY of ART
3mitts ◇ migiwa motohashi
Autumn Collection


Dry. Dont dry. as is.
2017.10.01sat-10.29sun
fri:15:00-19:00
sat・sun:13:00-19:00
sometimes other days


3みっつ
web:http://3mitts.com
instaguram:@3mitts


元橋みぎわ
instaguram:@migiwa88

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 11:23| Comment(0) | 実験shop1928 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

寺本のりこ 作品展 IRODORI 色づく季節に浮かぶ景色

今週のギャラリーショップコラージュは『寺本のりこ 作品展 IRODORI 色づく季節に浮かぶ景色』です。


1.jpg 3.jpg


作家・寺本のりこによる個展です。
同時代ギャラリーでは5回目の開催となります。


寺本さんは小さい頃から鳥が好きで、これまでも鳥をテーマにした作品を発表してきました。

今展では木版画、水彩画、羊毛フェルトによる作品を展示します。


6.jpg


10年前から制作を始めたという羊毛フェルトのオブジェは、人々のそばにいて慰めや癒しとなるようにとの願いをこめて「ソバード」と名付けられています。


2.jpg


ころんとした見た目や一羽一羽で微妙に異なる表情がとても愛らしい作品です。羽根の部分には友禅染の布も使われています。鳥は図鑑や自分で撮った写真を参考にするそうですが、写真だけでは後ろ姿など見えない所もあるため、実際に出掛けて観察しながら制作を進めているそうです。


5.jpg


木版画では、鳥と一緒に風景も描くことで季節感や鳥の暮らす世界がより深く表現されています。


鳥に対する寺本さんの愛情が伝わる作品の数々、ぜひ会場でご覧ください。


※2010年から始められたアトリエ「アトリエリンデン」では定期的にフェルト教室も開催されています。
Atelier Linden→https://sites.google.com/site/kyotolinden/


4.jpg


会期:2017年10月9日(月祝)〜10月15日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00まで)
寺本さん毎日在廊されます。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 20:34| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする