2017年10月04日

新谷聡子 陶展

今週のギャラリーショップコラージュは『新谷聡子 陶展』を開催しています。


1.jpg 7.jpg


陶磁器作家・新谷聡子による個展です。
「イッチン」という技法(ロクロで成形した器等の上に、粘土を水で溶いたものや釉薬をチューブ等で絞り出し装飾を施す)や


8.jpg 5.jpg


搔き落とし技法を用いて制作した、中国茶器、酒器、花器、オブジェなどの作品を展示します。


---------------------------------
実家を整理した時に出てきた大正期からの古びた品々は単に想いに耽るだけのものではありませんでした。
現在では作りえない技法やシンプルな美しい作りの物達は、今でもなお魅力に溢れています。
今回の展示では古いだけで何の役にも立たないガラクタを題材に、私が感じる「今」を、ガラスの薬瓶や祖母のバック、アクセサリー、古びたモチーフをヒントに陶磁器に変えて「器」として生まれ変わらせたいと思います。
慌ただしい世の中ですが、当時のおおらかさやユーモアを感じて頂ければ幸いです。


〈新谷 聡子 / Shintani Satoko〉
1959年 兵庫県生まれ
1980年 嵯峨美術短期大学 デザイン科 陶芸コース卒業
---------------------------------


ご実家が昔病院だったという新谷さん。

今回、そこに残されていた大正〜昭和の頃の古い品々をモチーフに、器やオブジェを制作されたそうです。


6.jpg 3.jpg


形や質感などアンティークの味わいは大切に、色彩や装飾において現代の感覚を取り入れて作られた作品は、新しいような懐かしいような不思議な雰囲気を醸し出しています。


4.jpg 2.jpg


モチーフとなった品々の実物写真もありますのでぜひあわせてご覧ください。


会期:2017年10月3日(火)〜10月8日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00まで)
作家在廊日:5日(木)以外は在廊予定


*6日(金)は「ニュイブランシュKYOTO」に伴い22時まで開廊します。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 11:01| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマゲンイワオ展 “Second Park”

今週のギャラリーは『ヤマゲンイワオ展 “Second Park”』を開催しています。


1.jpg 2.jpg


版画作家・ヤマゲンイワオによる個展です。
同時代ギャラリーでは、2015年以来2回目の開催となります。


会期:2017年10月3日(火)〜10月8日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00まで)
作家在廊日:6日(金)7日(土)8日(日)


ヤマゲンさんは「虚像と実像」をテーマとした木版画による作品を中心に制作しています。「版そのものも作品として見せたい」という考えから版木と刷った紙を組み合わせるという独特な手法によって平面、立体、インスタレーションなど様々な作品を展開。今展では10点の作品を発表します。


3.jpg 6.jpg


身近にある気になった事柄についてイメージを膨らませることが多いというヤマゲンさん。


4.jpg


見た目や食べる物、考え方までもが皆同じになり多様性がなくなってきていることを危惧する『他人の空似』、


5.jpg


牛(食品)を過剰に消毒する人物の姿が現代の食の問題を連想させる『safety food club』などの作品は私たちの生活や社会のことを改めて考えるきっかけを与えてくれるでしょう。
ぜひご覧ください。


7.jpg


※10/6(金)は「ニュイブランシュKYOTO」開催に伴い22時まで開廊します。

19時〜は作家によるパフォーマンスを行います。
ニュイブランシュKYOTO→http://www.nuitblanche.jp/

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 10:58| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする