2018年04月17日

PROSTYPA

今週のギャラリーは【PROSTYPA】を開催しています。



スペインの写真家による展覧会
作家:MARÍA SÁNCHEZ、ALFREDO RODRÍGUEZ、MIGUEL ÁNGEL TORNERO、
企画:Supersimetrica(スペインの文化協会)


1.jpg 2.jpg


昨年5月の開催に続いて2回目の開催となります。


3.jpg 8.jpg 9.jpg


本展にならぶ作品の多くは、単に平面的な写真ではなく、壁から浮き上がっていたり角材がつけられたりコラージュされたり、、、立体的かつ彫刻的な要素を含んでいます。そのため、タイトルとして「PROSTYPA」(ギリシャ語で「レリーフ」という意味のある)という言葉がつけられました。


7.jpg 6.jpg 5.jpg 


京都では、京都国際写真祭も開催されています。
ぜひこの機会にあわせてご高覧ください。


 会期:2018年4月17日(火)〜4月22日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)


Artist↓

【MARÍA SÁNCHEZ】
http://www.mariasanchez.com.es/
【ALFREDO RODRÍGUEZ】
http://archivodecreadores.es/artist/alfredo-rodriguez/212…
【MIGUEL ÁNGEL TORNERO】
http://miguelangeltornero.net/

【Supersimetrica web】
http://supersimetrica.com/


展覧会テキスト------------------------------

PROSTYPAは、古代ギリシャにおいて、コリント式建築物の屋根の縁に装飾用品として設置されていたテラコッタの浮き彫り彫刻(レリーフ)のことを意味する言葉である。

※絵画や彫刻などの起源に関する解説者Pliny the Elderによると、この彫刻技術は、紀元前7世紀頃に、陶工 Butades de Sición が自身の娘からヒントを得て発明したといわれている。
(Butadesの娘はある青年に恋をしていたが、その青年が外国へ行くことになったため、せめてその姿を残しておこうと考え、ランプに照らされた彼の影の輪郭を壁の上に描いた。父親であるButadesは、これに粘土を貼りつけて型取り、浮き彫り彫刻を作ったという伝説がある。)


MARÍA SÁNCHEZ(マリア サンチェス)の作品は、一見すると彼女の日常的な経験に培われたフィルターを通したシンプルで軽快な雰囲気のものである。しかしそれらは鑑賞者それぞれの胸のうちに潜む不安や憂いを喚起し、濃密な深い感覚を残していくものでもある。

MIGUEL ÁNGEL TORNERO(ミゲランヘル トルネロ)とALFREDO RODRÍGUEZ(アルフレド ロドリゲス)は、写真表現において高い技術と豊富な知識を有し、一般的な写真表現の枠を超えた新たな表現を模索し続けている。そのため彼らの制作では、額装された平面的な写真とは異なった、立体性とインスタレーション的な表現方法が用いられている。
何故だかわからないが彼らの作品を見ていると、作品そのものが彼らの願望を感じ取り、3次元的な空間へ立ち現れたいという意志のもと、姿かたちを変換させているかのようにも感じられるのである。


単に写真家という分野に属することのない彼らには、これまでにない表現を生み出す可能性があると同時に、砂漠の中にたった一人でいるような寂しさもあるだろう。
我々SUPERSIMETRICAも彼らの活動を支えながら、一緒に道を開いていきたいと考えている。
(SUPERSIMETRICA / Dai K Sより)

------------------------------


2017年5月の展覧会はこちらをご覧ください。→http://dohjidai.seesaa.net/article/449816003.html



posted by 同時代ギャラリースタッフ at 20:11| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植物と器 高木 剛 × addplants corporation

今週のギャラリーショップコラージュは【植物と器 高木 剛 × addplants corporation】を開催しています。


dm.jpg 1.jpg


会期:2018年4月17日(火)〜4月22日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)

3.jpg


陶芸作家・高木剛と森林の調査や再生活動を行うaddplants corporationによる展覧会です。

2.jpg 4.jpg

今展では、高木さんが制作する粉引や灰釉、焼締の器に、「器を魅せながら植物の素材としての面白さ、美しさをそえる形」でaddplants corporationさんが山野草を植え込んだ作品 約50点を展示販売します。


-------------------------


〈高木 剛 / TAKAGI Go〉
1978年鹿児島生まれ。
1998年山梨県にて陶芸を学び、2002年東京都江東区にて制作を始める。
2008年京都市京北町に移住。
2012年には韓国 青松白磁窯にて短期研修を行う。
http://takagi-go.petit.cc/


〈addplants corporation〉
森林の調査、再生計画、地域連携手法を提案している。
また、日本の四季の美しさ、自然衰退の危険性などを伝えるために、野草を活用した寄せ植え等の制作を行い、京都を拠点に地域への情報発信を行っている。
http://www.addplants.co.jp/index.html


-------------------------


6.jpg 5.jpg


植物は、addplants corporationさんが実際に山で採取したものや種から育てたものなど様々な種類があります。今の時期が旬の植物が味わいのある器にいきいきと展開します。比較的小ぶりなサイズですので設置もしやすいですね。


7.jpg


その他、お皿やお茶碗、ぐい呑みなどシンプルで使いやすい食器類も90点ほどあわせて展示販売します。ぜひご来場ください。

続きを読む
posted by 同時代ギャラリースタッフ at 00:20| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。