2019年09月24日

ファニーフェイス・ジュエリー

今週のギャラリーショップコラージュ


IMG_20190904_0001.jpg


【ファニーフェイス・ジュエリー】
会期:2019年9月23日(月祝)〜9月29日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は17:00まで)


1.jpg 2.jpg


ジュエリーブランド・Laboratorio di incisione BOCCAによるオリジナルジュエリーの展示、受注販売会です。同時代ギャラリー コラージュでは、2014年以来、約5年ぶりの開催となります。


-------------------------------

Funny face=型にはまらない魅力ある顔立ち。
独創的でありながら普遍的な存在でありたいと願うBOCCAジュエリーの目指すもの。
スモーキーで甘い色のタヒチ真珠、古いトランプの柄・・・ノスタルジーな気配をまといつつ、現代的なジュエリーに仕上げました。
会期中、真珠を選んでいただけるオーダー制作も承ります。

〈Laboratorio di incisione BOCCA〉
HP http://bocca.p2.weblife.me
Twitter @atelierLIB
Instagram @boccalabo

-------------------------------


3.jpg 4.jpg


会場の真ん中におかれるのは、タヒチの真珠をピアスや指輪、ペンダントトップに仕立てた作品。


5.jpg 6.jpg


神戸の真珠商社で数年かけて集めたというその真珠は、柔らかくくすんだ上品なグレーの色合い。色味や形がそれぞれ異なるので、自分好みの一粒を選んでいただけます。


7.jpg 8.jpg


9.jpg


またトランプのマークをモチーフに制作したピアスは、どの角度から見ても美しく見えるようデザインされています。古いトランプの柄を利用した台紙も素敵です。


10.jpg 11.jpg


12.jpg 14.jpg


13.jpg


その他、1684年の結婚誓約書の文書を封じ込めたペンダントや、個性的な形のバロックパールを用いた存在感たっぷりのペンダント、シンプル且つ洗練された形の指輪やピアス、ブレスレットなど、ブランドの代表的な作品も展示しています。


こだわって制作されたオリジナルジュエリーの数々や、アンティークな什器の醸し出すノスタルジックな空間をぜひお楽しみください。

2014年の展示会の様子はこちらをご覧ください↓
http://dohjidai.seesaa.net/article/408299403.html



posted by 同時代ギャラリースタッフ at 13:48| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日常を彩るポーセリンアートの世界

今週のギャラリービス


ポーセリンアートの世界.jpg


【日常を彩るポーセリンアートの世界】
会期:2019年9月23日(月祝)〜9月29日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は17:00まで)


1.jpg 2.jpg


5.jpg 7.jpg


ポーセラーツ・カルトナージュ教室ローズコラーユによるポーセリンアート作品の展覧会です。


6.jpg 8.jpg

4.jpg 3.jpg


9.jpg

ポーセラーツとは、白磁の器に、好きな色や柄の転写紙を貼り付け、専用の窯で焼き付けてつくるハンドクラフト。カルトナージュは、厚紙を組み立てて作る箱に、布や紙を貼り付けて装飾を施す、フランスの伝統工芸。
今展では、ローズコラーユ代表の東城真利子さんによる作品をはじめ、通っている生徒さんの作品を一同に展示します。


11.jpg 17.jpg


ポーセラーツでは、転写紙だけではなく絵付けの絵の具や金彩なども用いるので、様々なデザインの転写紙や技法を組み合わせることで多様な表現が可能だそうです。カルトナージュも、使う布や装飾パーツ(リボン、タッセル)によって1つ1つ雰囲気の異なる作品をつくることができるのだとか。


10.jpg  


13.jpg 14.jpg


15.jpg


16.jpg 18.jpg


※会期中は、ポーセラーツ・カルトナージュの2種類のワークショップをいつでもお楽しみいただけます!

【ワークショップについて】※参加希望の方は会場の作家へお尋ねください。
ポーセラーツ:コースター(スクエア型or丸型)1個700円、2個1,200円
カルトナージュ:コンパクトミラー 1,000円


小さなお子さんから大人の方まで簡単に始められ、それでいて手の込んだ自分だけの表現の作品も制作することができます。この機会にぜひ体験してみてはいかがでしょうか。


【お問い合わせ】
ポーセラーツ・カルトナージュ教室ローズコラーユ
代表 東城真利子
https://www.rose-corail.com/

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 13:43| Comment(0) | ギャラリービス紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンサイボウ 『単細胞』

今週のギャラリー


dm_1.jpg


【タンサイボウ 『単細胞』】
会期:2019年9月23日(月祝)〜9月29日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00まで)


1.jpg 3.jpg


金沢美術工芸大学 油画専攻の「tomoka」「珠綺」による展覧会です。
お二人は二年と三年で先輩後輩の関係です。それぞれの作品を同時に並べることで、お互いに自身の作品や制作のことを客観的に見つめ直す良い機会となったそうです。


2.jpg 4.jpg


お二人とも既にしっかりとした芯を持って作品制作に取り組まれており、今後の活動がどのように展開していくのか楽しみです。
ぜひご来場ください。


5.jpg 8.jpg


-------------------------------

今回、主に扱うテーマや絵画への考え方が全く違う二人が「視覚的に心地の良い画面」を再重要視して作品制作を行い、互いを比較することで明らかになる共通点や違いを認識し、自身のより良い制作に繋げるために展示を作りあげる。


9.jpg 11.jpg

〈珠綺 tamaki〉
1998年:兵庫県生まれ
2018年:金沢美術工芸大学 油画専攻入学
2018年:「ふたり展」Lifestyleshop Sowel(兵庫)

人物を中心に様々なアプローチで描いている。描かれたモチーフに特別なストーリーがあるわけではなく、絵画を作るために人物を借りている。具体的に描いているものもあれば何が描かれているのかわからないものもある。絵画表現においては偶然性を重視し、写真のブレや絵の具のひび割れ、垂れた表情を扱う。


7.jpg 10.jpg


〈tomoka〉
1998年:富山県生まれ
2017年:金沢美術工芸大学 油画専攻入学
2018年:「一展(はじめてん)」(石川)
2018年:「展二(てんじ)」(石川)
2019年:個展ツアー「Live as you like -Blue-」(大阪、東京、石川)

音楽をテーマにして作品制作を行う。ロックバンドのスタイルに共感し制作スタイルや価値観などに強く影響を受けている。ライブの曲や楽器の音のイメージを 画面に落とし込み、一目見たときの印象と状況を重視しながら作品を作る。油絵の具の特性を好んで、画材は主に油彩を扱う。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 13:33| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。