2012年03月07日

「読むこと、書くこと、伝えること。」

会期:3月6日(火)〜11日(日)

Collage01.jpg
コラージュでは現在、長崎彰太、長崎伊世による
「真鍮文房具」と「ものがたり」の展示、
「読むこと、書くこと、伝えること。」を開催しています。

DSC00494.JPG
弟の彰太さんが彫金で制作した文房具に姉の伊世さんが
ものがたりとデザインを付与して一つの作品として完成させました。

DSC00540.JPG DSC00541.JPG
神話や美しい日本語、昔の人々の智恵や機知などからヒントを得て
作品の名前やストーリーが添えられます。

一部をご紹介。
「さしがね」(カードケース)
DSC00526.JPG
『鎌倉時代から宮大工が使ってきた道具、さしがね。
驚くべきことにピタゴラスの定理が使われており、
サイズを測るだけでなく、計算尺などの用途も兼ねていた。』

「継ぐ美」(カードケース)
DSC00530.JPG
『飛鳥時代から江戸時代にかけて発達した、刺し子の技術。
無地、縞、格子などの布を重ね継ぎ、その上に糸を縫い刺して
模様を描くと、混じりあって新たな柄が生まれる。』

ブックマークもそれぞれ柄があります。美しい・・・。
DSC00528.JPG DSC00529.JPG

会期中は作家が交代で在廊していますので、お話してみて下さいね!


posted by 同時代ギャラリースタッフ at 18:23| Comment(3) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても面白そうな展覧会だったのに
行けなくてとても残念です。
次にお二人の作品に出会えることを
心から願っております。
Posted by あぽろ at 2012年03月24日 15:02
あぽろ様

メッセージありがとうございます。
残念ながら展示はご覧いただけなかったようですが、
またの機会にぜひお足をお運び下さいませ。

Posted by 同時代ギャラリースタッフ at 2012年03月28日 18:41
prada マテラッセ
Posted by prada 価格 at 2013年09月02日 16:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。