2017年10月25日

島本田鶴子 書の展V

今週のギャラリーは『島本田鶴子 書の展V』を開催しています。


1.jpg 3.jpg


書家・島本田鶴子による展覧会です。
同時代ギャラリーで2000年から定期的に展覧会を開催されてきた島本さん。今回、同時代ギャラリーでは7年ぶりの展示になります。


-----------------------
前回2015年の「書の展U」では和泉式部をテーマに仮名の作品を創作しこれまでとは色合いの違う展覧会になりました。
今回もこれまでのスタイルの作品に加えて、古典文学を題材とした仮名作品を創作いたしました。
伝統的な仮名の美しさを残しながらどのような新しい表現ができるか模索しています。書の世界を楽しんで頂けましたら幸甚です。
ゆっくりご高覧下さい。(島本田鶴子)


〈島本田鶴子/Shimamoto Tazuko〉
静岡県生まれ。東京女子大学卒。大学の書道部にて柏原たみ子氏に師事。
橋本烽玉氏に師事し仮名を学ぶ。石川九楊氏に師事した後、(1979年より1997年まで公募展、グループ展に出品)1997年以降独自に創作、個展等で発表し現在に至る。
http://shimamototazuko.com/index.html
-----------------------


4.jpg 7.jpg


源氏物語や和泉式部、百人一首などがテーマとなっている仮名文字の作品、線の強弱や色のグラデーションがとても美しいです。やわらかく流れるようなイメージの仮名とは対照的に、漢字作品では字の太さや濃さ、滲みやかすれの表現によって力強く逞しい印象があります。


2.jpg


額装や表装、屏風など仕立て一つにおいてもこだわって製作されています。


8.jpg 6.jpg


「言葉」と「書くこと」それぞれの魅力を書でかたちにしていく、島本さんの繊細かつ迫力ある作品の数々をぜひご覧ください。


5.jpg


会期:2017年10月24日(火)〜10月29日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00迄)
※島本さん毎日在廊されます。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 15:58| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: