2018年05月02日

古井ゆか 布造形展「扉の向こう」

今週のギャラリーショップコラージュは【古井ゆか 布造形展「扉の向こう」】
を開催しています。


dm.jpg


作家・古井ゆかの個展です。
柿渋で染め、ハンダゴテの焼き跡で装飾を施した布と古材を組み合わせた造形作品を展示しています。


2.jpg 1.jpg


-----------------------------------
平面にも立体にもなる布、その柔軟性が好きです。
今回は布の造形物達が息づく扉の向こうの世界を覗いて見て下さい。
(古井ゆか)
-----------------------------------


同時代ギャラリーでの個展は、2016年以来2回目の開催となる古井さん。


3.jpg 5.jpg



「扉の向こう」がテーマということで、古材を蝶番で繋げて扉に見立てた作品や、布で扉を形作った作品などがポイントになっています。

扉を開けると中には小さな楽器や本、サイコロが。。。不思議な世界が見えてきます。


7.jpg 4.jpg


古材からニョキッとはえた家、今回は石ころからもはえています。


8.jpg 9.jpg


その他、引き出しや袋、鞄をモチーフにしたユニークな作品も並んで楽しい空間となっています♪


6.jpg


ぜひご来場ください。


会期:2018年4月30日(月祝)〜5月6日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)
※古井さん毎日は在廊されます。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 12:15| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: