2018年10月03日

森夕香「湿った午後の黄色い部屋」

今週のギャラリーショップコラージュは【森夕香「湿った午後の黄色い部屋」】を開催しています。


1.jpg 


作家・森夕香による個展です。
和紙に日本画材を用いて描いた小作品16点を展示します。

森さんは、人と自然など何かと何かの境界線を出来る限りなくしていくことをコンセプトに作品を制作しています。


2.jpg 4.jpg


今展の作品では、自然や部屋の風景の中に、ふにゃっと溶けたような身体や異様にのびた手足の人物が抽象的に描かれ独特な世界観を表現されています。
少しくすみのある落ち着いた色彩に金箔や銀箔、マーブリングした和紙のコラージュを用いるなど、日本画としての素材感も大切にされているのが感じられます。


6.jpg 7.jpg


森さんは絵本作家としても活動していますが、このような絵画だけの展示を京都で行うのは初めてということで、たくさんの方に作品を見ていただきたいという思いを持っておられます。会期中森さんは毎日在廊されますので、ぜひご来場ください。


5.jpg 3.jpg


会期:2018年10月2日(火)〜10月7日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)

※5日(金)は『ニュイブランシュKYOTO2018』の開催に伴い、22:00迄開廊いたします。
ニュイブランシュ公式HPはこちら→http://www.nuitblanche.jp/


-----------------------------

自身の体験に基づいた身体感覚とそこから生まれる理想の身体感覚を絵画の形にして表現している。[人間とそうでないもの][自己と他者]などの何かと何かとの境界線への意識を出来る限り遠ざけたいと感じる。身体活動が先にあることで意識はどこまでも柔軟になり境界線への意識は遠退き、その後の感情も変化し て行くことを理想として、その流れを想像し描く。
ウィリアム・ジェームズやカール・ランゲが唱えた「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのだ」という言葉への憧れと共感は私の表現の原動力である。

制作するにあたって心地よい実感のある絵肌を求めて画材を選んでいる。
日本の古典絵画などに見られる触れたくなるような肌のなめらかな表現は決してリアルでなくとも人間を感じさせ、一方で油彩画だからこそ出来る湿度や温度の表現があるように感じる。
五感の記憶を刺激する絵画であるために、作品に応じて画材を変化させる柔軟さを持ち、常に目指す絵肌に対して貪欲でありたいと思う。


〈森夕香/MORI Yuka〉http://yukamori.com/
2014年3月 京都市立芸術大学 美術科日本画専攻 卒業
2015年10月 パリ国立高等美術学校 派遣交換留学
2016年3月 京都市立芸術大学大学院修士課程 日本画専攻 修了
主な展示など
2013年10月 京都芸大日本画の現在ーカリキュラム展/ギャラリー@KCUA
2015年11月 京都銀行美術研究支援制度選定
       京銀コレクションの15年ー美術支援制度15周年記念展示/京都銀行桂川キャンパス
2016年1月 Salut, la planète!ーパリ国立高等美術学校交換留学生展示/国立高等美術学校内ギャラリー
2016年7月 stART2016 〈からだ|マインド〉グループ展 galerie16/ ギャラリー16
2016年9月 internal←→external 森夕香 戸張花 二人展   LOKO gallery
2017年7月 森夕香 個展 「明ける/Dawning」  LOKO gallery

-----------------------------

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 17:26| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: