2018年01月17日

吉永朋希 個展 「約束のスペクタクル」

今週のギャラリーは【吉永朋希 個展 「約束のスペクタクル」】を開催しています。


1.jpg 4.jpg


色彩鮮やかな点描による絵画作品、「生」や「死」を連想させるようなモチーフを複数組み合わせたインスタレーション、都道府県の由来をテーマにした絵画、インスタレーションを発表します。


2.jpg


---------------------------------
世の中の常識や当たり前のルール。それは気付かぬうちに私たちの生きる指針の1つになっています。しかしその由来や目的、定めた人物のことは案外知られて いないことが多いのではないでしょうか。「スペクタクル」とは大仕掛けな見世物という意味で、大作の映画やショーに使われる言葉です。「常識」や 「ルール」をつくった人からすると、この世界は壮大なスペクタクルに見えるのではないか?そこに生きる私たちは物語のキャストのようなものではないか?不 透明で不確実なこの時代を、少し違った角度から見てみる展覧会です。


〈吉永朋希〉
1987年 佐賀県生まれ
2010年 京都精華大学芸術学部造形学科洋画専攻 卒業
幼い頃から絵が好きで、高校では美術部に入部し京都精華大学に進学。大学の先輩の影響でアートの世界にのめり込み、今にいたる。

「当たり前だと思っていること」の由来や背景に関心があり、それを考える一つのきっかけとして作品を制作。常識を作る社会や歴史、先入観や思い込みなどを形にすることで、当然だと感じていることを再検証する試みを行っている。
---------------------------------


3.jpg


会期:2018年1月16日(火)〜1月21日(日)
12:00〜19:00(最終日は18:00迄)
作家在廊日:16日(火)、19日(金)、21日(日)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 14:06| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

塚田 勇気 1st写真展「あのときのひかり」−写真家の記憶を巡る写真詩展−

同時代ギャラリーは本日から2018年の営業を開始します。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


新年最初の展覧会は【塚田 勇気 1st写真展「あのときのひかり」−写真家の記憶を巡る写真詩展−】を開催します。


会期:2018年1/8(月祝)〜1/14(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)


1.jpg


個展開催は今回が初めてだそうです。この5年間で取り組んできたプライベートワークスの集大成となる写真展です。


4.jpg 2.jpg


パールの光沢を持つ特殊な紙に染料インクでプリントしているため、光や陰影、モチーフの立体感がより繊細に写し出されています。真っ正面からではなく斜めや下からしゃがんで見ると、見え方が全く違い、実際にその風景が目の前に広がっているかのような臨場感があります。


3.jpg


写真に添えられた詩も、その世界観をよりリアルなものにしています。
ぜひ会場で実物をご覧ください。


〈塚田勇気ウェブサイト〉
https://www.yukis-photo14th.com/

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 15:48| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

西野亮廣 えんとつ町のプペル 光る絵本展

今週のギャラリー
『西野亮廣 えんとつ町のプペル 光る絵本展』


会期:2017年12月12日(火)〜12月24日(日)
※18日(月)休廊
12:00〜19:00(最終日は18:00迄)


1.jpg 


絵本作家・西野亮廣(にしのあきひろ)による個展です。


3.jpg 6.jpg


四年半もの期間をかけ制作した絵本『えんとつ町のプペル』の原画を、LEDライトと組み合わせて光る絵として展示しています。裏側からの光によって細部の描き込みや色彩の美しさをより感じられるようになっています。


4.jpg 5.jpg


本展の企画者は、塩田浩之さん・遠藤貴茂さんのお二人です。


西野さんはこの絵本の制作資金および個展開催費用をクラウドファンディングで集め、さらには一般の方へ個展企画の権利を販売するという試みを行ったことでも話題になりました。
もともと、西野さんの著書をきっかけに西野さんに興味を持ったという塩田さんは、ブログでこの活動について知り「何か楽しいことができるのではないか?」という想いで友人の遠藤さんとともに個展企画の権利を購入しました。
展覧会を開催することも初めてだったという塩田さんですがSNS等を通じて知り合った多くの方々と協力して本展を作り上げました。(搬入展示作業の際もたくさんの方が応援に来てくださっていましたが、そのほとんどがSNSで繋がった初対面の人達というので驚きでした)

全国各地で開催されているこの展覧会は、コンセプトやレイアウト、関連イベントなど、その内容は企画者ごとに多種多様に展開しています。原画だけでなく制作工程の解説パネルや読み聞かせの映像もあり、見どころ満載の展覧会となっています。ぜひご来場ください。


2.jpg 7.jpg


--------------------------------
〈西野亮廣/にしのあきひろ〉
1980年生まれ。絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『Zip&Candy ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』、小説に『グッド・コマーシャル』、エッセイに『嫌われ西野、ニューヨークへ行く』『魔法のコンパス』など著書多数。
※絵本「えんとつ町のプペル」著書プロフィールより引用。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 11:01| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする