2018年09月12日

福島亮太 ソーリー・マミー展

今週のギャラリーショップコラージュは【福島亮太 ソーリー・マミー展】を開催しています。


島根県在住の福島さんは、2年程前にアーティストとして活動を始めるにあたり、作品集を持参して京都の様々なギャラリーを巡りオーナーさんらに自身の作品 を見てもらったそうです。じつはその時、同時代ギャラリーにもお越しいただきお話させていただいたのですが、それから2年後初めて個展を開催することとなりました。


1.jpg 3.jpg


今回展示する作品は、アクリル絵具、ペン、スプレーなどを使用して人物をモチーフに描いたものです。人物の顔にみられる独特な模様は、動物や昆虫から想起したイメージだそうです。


4.jpg 5.jpg


2.jpg


色彩の組み合わせも、頭でじっくりと考えるのではなく、感覚的に決めていくとのこと。
この個展では多くの方に作品を見てもらい様々な意見をいただける場となれば、と願っておられます。


7.jpg 6.jpg


会期:2018年9月11日(火)〜9月16日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)
※福島さん毎日在廊されます。


8.jpg


---------------------------------


私は30歳を目前にしてアーティストとして活動していこうと決めました。
勤めていた会社を辞め、アルバイトに移し、制作にのめり込む事に対し家族や周りの人たちを酷く心配、落胆させていきました。

制作を始めてから5年経ち、ここでひとつの謝罪とこれからの展望の意を込めまして、私を育んでくれた人たち全てを母≠ニしソーリー・マミー展という展示会を銘打ちました。

私の作品のモチーフは人物が殆どです。
心高まる被写体をみつけ、スケッチと並行させながら、その瞬間、瞬間にモチーフを曲げたり、伸ばしたり、削いだり、増したりしながら理想に近づけていきます。
決して立体的ではなく、これといった技法を用いない私の作品ですが、考えとしましては色や形を用い平面を立体表現の制作の場にしたいのです。


〈福島亮太/Fukushima Ryota〉
1983年 島根県生まれ。 島根在住
2008年 愛知産業大学 造形学部 産業デザイン学科卒業。


---------------------------------

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 13:04| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

RETRO PRINT MUSEUM

今週のギャラリーショップコラージュは【RETRO PRINT MUSEUM】を開催しています。


dm.jpg


京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科グラフィックデザイン2回生による展覧会です。
グラフィックデザイン研究室の授業では、シルクスクリーンやガリ版印刷などアナログな技法を用いた作品制作が行われています。


1.jpg 2.jpg


今展では、シルクスクリーンにより制作したオリジナルの手ぬぐいや、


6.jpg 5.jpg


京都の各地を小旅行した際に出会ったお店や人々について綴ったエッセイとイラストをガリ版で印刷したものを展示しています。(ここにある全てのエッセイは「もうひとつの京都」と題した冊子にまとめられています。自由にお手にとってご覧ください)


3.jpg


それぞれの文字や画風の違いに加えてガリ版特有の線の強弱が、独特な風合いと味を生み出しています。


4.jpg 7.jpg


8.jpg


また今回は、ガリ版印刷したイラストでオリジナルの缶バッジを制作するというワークショップを会場で体験することができます。
『ガリ版』という技法に触れてみたい!という方はこの機会にぜひお試しください。


会期:2018年9月4日(火)〜9月9日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)


------------------------------------------------------


私たち京都精華大学のグラフィックコースでは、ガリ版印刷や活版印刷、シルク印刷などのいわゆる“レトロ・プリント”を通じて、二つと同じものが生まれない技法を楽しみつつ、手業を鍛えたり、失敗を重ねながらも自己の成長を確認する・・・そんなデザイン教育を実践しています。正直、レトロ・プリントは面倒 くさいです。コンピュータだと失敗は簡単になかったことにできますが、失敗ややり直しがいっぱいあります。準備や掃除も面倒です。スマートフォンのように みんなが同じ書体(フォント)で綺麗な文字を書いている訳でもありません。アナログな技法がどんどん世の中から失われていくなかでレトロ・プリントに取り 組んでみると、先人が工夫して構築した複製技術が非常によく練られてできた技術であることが分かります。デザインはみんなが同じものをつくるという世界ではありません。どうぞ体験していただいて、手から生まれるデザインの魅力を楽しんでいただければ幸いに思います。
(会場挨拶文)


------------------------------------------------------

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 19:24| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

あくあ展 vol.1 - アクアリウム -

今週のギャラリーショップコラージュでは【あくあ展 vol.1 - アクアリウム - 】を開催しています。

1.jpg


一般社団法人暮らしランプの事業の一つである『放課後デイサービスあくあ』による初めての展覧会です。昨年6月にスタートしたという『あくあ』では、主に発達障がいのある子供達35名が、14-18時迄のいわゆる放課後の時間に、工作や絵画制作など自由な創作活動を行っています。


2.jpg 3.jpg


今展では「アクアリウム」がテーマということで、ウロコがゆらゆらと動く大きな魚や海の生き物達のオーナメント、スポンジや石、枝で表現した賑やかな珊瑚礁など、子供達がのびのびと制作した作品が広がります。


4.jpg 5.jpg 


------------------------------------
テーマは あくあ にちなんで、アクアリウム。
日々のアトリエ時間の中で
子どもたちの遊びから生まれた
自由でのびのびとした表現が泳ぎまわる空間になりました。

あくあという名前は水という意味から付いています。
一点しか見えなかった目の前の世界を
色鮮やかに広げる、ひとしずく。
私たちは子どもたちが人生を潤す夢中になれるものを
見つける場所でありたいと願っています。

この展覧会で あくあ の子どもたちの表現や作品が
誰かの世界を広げる“潤い”となれますように。
(会場挨拶文より抜粋)
------------------------------------


会場には、あくあ職員であり本展のコーディネーターである おざわありす さんが在廊されています。あくあの活動のことや作品が出来上がるまでの裏話、子供達一人一人が好きなもの・興味があるものなど、様々なお話をお伺いすることが出来て楽しいです♪


6.jpg 7.jpg


子供達の柔軟な発想や表現に触れていただける展覧会、ぜひご来場ください。

会期:2018年8月21日(火)〜9月2日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)

*会場では、暮らしランプの事業『珈琲と植物とサンドウィッチ「3 (san)」』
で製造したコーヒー豆やドリップパック(あくあ展記念パッケージ)を販売しています。こちらもぜひご覧ください。


8.jpg


〈主催〉
一般社団法人暮らしランプ
放課後等デイサービス「あくあ」
https://www.facebook.com/kurashilamp/
Instagram @kurashilamp_aqua


〈コーディネーター〉
おざわ ありす - Alice Ozawa
1991年 京都生まれ。
美術高校時代に「福祉とアート」の世界に魅力を感じ、
医療福祉系のNPO法人などでボランティアとしてデザインに携わり
参加型のアートワークショップなどを企画し経験を積む。
あくあ では子どもたちのアートプログラム開発を担当。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 15:30| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする