2019年03月20日

工藤裕恵 西村穂香 二人展 顔と皮

今週のギャラリーショップコラージュ


dm.jpg


『工藤裕恵 西村穂香 二人展 顔と皮』
会期:2019年3月19日(火)〜3月24日(日)
時間:12:00-19:00(最終日は17:00まで)


京都市立銅駝美術工芸高等学校の卒業生であり、現在京都市立芸術大学に在学中の工藤裕恵、京都精華大学に在学中の西村穂香による展覧会です。


1.jpg 2.jpg


4.jpg


工藤さんは、アクリル絵具の絵画やペンで描いたイラストなど様々な平面作品を展示しています。具象とも抽象ともつかない画風で、人物や細胞などのモチーフを描いています。


3.jpg


オリジナルの漫画もよく制作されるとのことで、会場でも1作品をご覧いただけます。


5.jpg 7.jpg


西村さんは、人物をモチーフに描くことが多いそうで、今展でも紙にペンや鉛筆、アクリル絵具で描いたイラストを展示しています。


6.jpg 8.jpg


首が異様に長くデフォルメされた人物の虚ろな表情が印象的です。


展覧会のタイトル「顔と皮」は、二人の制作に共通するものとして出てきた言葉だとのことです。


生々しさもあり、多様な意味を持つこちらの言葉も重ね合わせながら、ぜひご高覧ください。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 11:28| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

三浦侑子 吹きガラス作品展

今週のギャラリーショップコラージュ


c2019.3.5-3.10DM.jpg


『三浦侑子 吹きガラス作品展』
会期:2019年3月5日(火)〜3月10日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00まで)


吹きガラス作家・三浦侑子による展覧会。今回で11回目の開催となります。
普段は岡山県北部の工房「Bamboo Glass」にて、作品を制作されています。


1.jpg 3.jpg


日常使いできるプレートや小鉢、一輪挿しや花瓶などお持ちいただきました。


5.jpg 2.jpg


脚のついたグラスは様々な形があります。


8.jpg 6.jpg


4.jpg


どんな場面にも馴染む、控えめで落ち着いたカラーも素敵です。


7.jpg 9.jpg


ぜひお手にとってご覧ください。
*作家の三浦さんは、最終日在廊される予定です。


<三浦侑子/MIURA Yuko>

1982年 大阪府生まれ。
京都造形芸術大学に在学中、ガラススタジオAatyで吹きガラスをはじめる。
2004年に大学卒業後、富山ガラス造形研究所 造形科に入り、ガラスの基礎知識を学ぶ。2006年から磐田市新造形創造館(静岡県)のガラス工房スタッフとして5年間働き、現在、岡山県苫田郡鏡野町に在住し、吹きガラス技法での制作を続ける。

Instagram @bambooglass_miura
工房ウェブサイト http://bamboo-glassworks.com/

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 12:52| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

言葉では描けないもの

今週のギャラリーショップコラージュ


image1.jpg


『言葉では描けないもの』
会期:2019年2月26日(火)〜3月3日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00まで)


京都精華大学4回生・梅本真衣による個展です。
楽しくてポジティブな気持ちを表現した油彩作品、7点を展示しています。
分厚く重なった絵具や力強い筆致が印象的です。ぜひご高覧ください。
*梅本さんは木曜日以外、在廊されます。


1.jpg 3.jpg


2.jpg 4.jpg


5.jpg 6.jpg


7.jpg


---------------------------------


本日は[言葉では描けないもの展]におこしいただきありがとうございます。


今は過去があって成り立っています。楽しい出来事や悲しい出来事、それら全ての出来事があってこそ今の自分があると思うのです。

こうして生きることは必ずしも当たり前ではなく奇跡みたいなものだと思うのです。

そんな中で描けることは私にとってとても貴重な時間で大好きな行為です。

1枚の絵画で作品をみていただく鑑賞者の方に何かしらの影響を与えられるような作品を描けるように・・・

まだまだ形にはなってませんがこれから頑張っていこうと思います。


(京都精華大学 洋画4回 梅本真衣)


---------------------------------

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 15:18| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする