2018年06月21日

太田健之 個展「二枚の絵」

今週のギャラリーショップコラージュは【太田健之 個展「二枚の絵」】を開催しています。

dm.jpg

作家・太田健之による個展です。

-----------------------------------------
外光の下で描いた現場写生
部屋の灯りの下で描いたタブロウ

透明水彩絵の具で描いた現場写生
岩絵の具で描いたタブロウ

そのものを見て描いた現場写生
その写生と記憶とで描いたタブロウ

はてさて 何か整理された違いは 生まれてくるのかしら


〈太田健之/Ohta Kenji〉
1967 京都府生まれ
1991 京都精華大学美術学部日本学科卒業
卒業後FRP造形物製作工房(HIRO工房、西京区)に勤務 現在に至る
-----------------------------------------


今回の個展は二回目の開催(大学卒業後に一度開催して以来はじめて)だという太田さん。社会人になってからは忙しくてなかなか作品を制作する時間がなかったそうですが、2年程前から仕舞っていた道具を取り出して制作を再開されました。

1.jpg 3.jpg

今展では、通勤途中で立寄った場所にてイーゼルをたてて透明水彩絵の具で描いたスケッチと、そのスケッチや記憶をもとに家で、岩絵の具を使って描いた作品を並べて展示しています。

2.jpg

日本画の制作では、岩絵の具での本書きの前に、入念にスケッチや下書きを行うことが多いですが、スケッチと岩絵の具による作品とが同時に並んでいるのは意外にもあまり見た事がないように思います。こうしてみると、絵の具による質感や表現の違いがよりわかっておもしろいですね。

4.jpg

他にも様々な場所を描いたスケッチも展示されています。
ぜひご来場ください!


会期:2018年6月19日(火)〜6月24日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)
※太田さん毎日在廊されます。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 16:17| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Shu Konishi 個展 〜life cast art〜

今週のギャラリーショップコラージュは【Shu Konishi 個展 〜life cast art〜】を開催しています。

dm.jpg

同時代ギャラリーでは、4回目となるShu Konishiさんの個展です。
今回も、女性の身体(主にお尻)を直接型取って制作したオブジェや花器、そしてオブジェと風景を撮影した写真を展示します。

IMG_0718.JPG

----------------------------------
私の製作は、人の身体を直接型取りすることから始まります。
その型取った形(ライフキャスト)を、個々の作品のイメージ、質感の沿って仕上げていきます。
この製作方法を『Life Cast Art』と呼んでいる。
----------------------------------

IMG_0716.JPG IMG_0721.JPG

メインのオブジェ作品には、Konishiさんのアトリエがある京丹後市で集めた枯れ木の枝が活けられています。正面を見ると、人間の腸をイメージしたという長いホースが腹部からのびています。上の木の部分に水をあげると下のホースから水が流れてくる形状になっており、人間の身体の循環機能を表しているのだそうです。

IMG_0720.JPG

ユリを活けた花器も、大輪の白い花と壁面のドローイングとのコントラストが強く印象的な作品です。


IMG_0724.JPG IMG_0725.JPG

会期:2018年6月12日(火)〜6月17日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は17:00迄)
作家毎日在廊
続きを読む
posted by 同時代ギャラリースタッフ at 16:09| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

中村古都子の人形アニメーションの世界展

今週のギャラリーショップコラージュは【中村古都子の人形アニメーションの世界展】を開催しています。


アニメーション作家・中村古都子による展覧会です。

dm.jpg

--------------------------------


人形アニメーションは、針金などが入った人形を少しずつ動かしながら、写真を撮影して作ります。
本来動くはずのない人形が、映像の中ではまるで命を吹き込まれたかのように活き活きと動いて見える、その魅力に惹きつけられ、作品を作り続けています。
2009年頃より開始した人形アニメーション制作も、徐々に作品が増え、ようやくまとめてお見せできる本数になりました。
今回、大阪と京都で初の個展を開催させていただきます。
会場では、新作『MIX』を中心に、映像のほか人形やセットなども展示いたします。
お忙しい折とは存じますが、是非ご来場いただき、人形アニメーションを「見る」「作る」楽しさを感じていただけましたら幸いです。

https://new.kotoko-animation.com/


〈中村古都子/Nakamura Kotoko〉
システムエンジニア・図書館司書を経て、アニメーション制作。
関西を拠点に、人形アニメーションを制作しています。
京都造形芸術大学通信教育部アニメーションコース卒
京都教育大学教育学部国文学科漢文学専攻卒
元PEAS(Petit Animation Studio)スタッフ
京都造形芸術大学非常勤講師

--------------------------------

7.jpg 1.jpg

ストップモーションアニメーション(静止しているモノを少しずつ動かしながら1枚ずつ撮影した写真をつなげて映像にする)という手法によって制作したアニメーション15作品をタブレットパネル、プロジェクターにて上映しています。

8.jpg 

アニメーションに登場する人形や舞台セット、小物道具などもあわせて展示されています。これが映像の中ではこのように動くのか!と発見しながら見る事ができて楽しいです♪

2.jpg 6.jpg

ストーリーは中村さんのオリジナルのものや小説からインスパイアされたもの、アーティストのミュージックビデオとして制作したもの等があり、ほのぼの系からちょっぴりホラー、そして切ないお話まで、、、様々な世界が表現されています。

4.jpg

素朴な人形達が、映像の中で喜怒哀楽豊かな表情と動きをしているのが印象的です。
作家の中村さんも毎日在廊されていますので、ぜひお話を聞いてみて下さいね。

3.jpg 5.jpg

会期:2018年6月5日(火)〜6月10日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 11:15| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする