2018年11月14日

陶と貼り絵の手しごと展 U

今週のギャラリーショップコラージュは【陶と貼り絵の手しごと展 U】を開催しています。


dm.jpg


陶芸作家・平野絵美、貼り絵作家・林原伸樹による二人展です。職場で知り合ったというお二人は、1年半ほど前から二人展を開催し始めました。


1.jpg 8.jpg


平野さんの作品は、こけしや来年の干支である亥、ジンベエザメなど可愛らしく楽しい絵柄の豆皿や楽焼のブローチ、沖縄・石垣島で習得したシーサー作りをいかして制作したオリジナルのシーサーやオブジェなど。


5.jpg 6.jpg


3.jpg


また今回は京都の町屋の屋根の上によく見る「鍾馗さん」を陶芸により造形した作品も展示しています。立像や胸像、壁掛けなど5種類の鍾馗さんがおり、力強い眼光が何とも印象的です。


7.jpg


林原さんは、3種類の穴あけパンチを使って、異なる大きさの丸型に切り抜いた和紙を貼り重ねる技法により作品を制作しています。今展ではジンベエザメやクマノミ、ホタルイカなど生き物のモチーフを、様々な色・柄の小さな和紙の組み合わせで表現しています。


10.jpg 9.jpg


10年程前に脳出血で倒れ、右上肢と右下肢、言語機能の障害のため一級身体障害者認定を受けられた林原さん。いろいろと制約がある中で、このような緻密な作業を要する貼り絵作品の制作を継続してこられました。


4.jpg 2.jpg


素材や技法は全く異なるお二人の手しごとのあたたかさが感じられる作品の数々をぜひご覧ください。


会期:2018年11月13日(火)〜11月18日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は17:00迄)
*林原さん終日在廊予定です。平野さんもお仕事の合間をぬって在廊予定。


---------------------------------------


〈平野絵美/Emi Hirano〉
京都府立陶工高等技術専門校 図案科・成形科修了
「京焼ひらの」で家業を手伝う
2017年 祇園ギャラリー「空」で「陶と紙の手しごと展」(二人展)

2010年から3年間、沖縄の石垣島で生活
シーサーとやちむん工房「凛火」で働く
現在は石垣島で身につけたシーサー作りのノウハウをベースに地元京都でオリジナルのシーサーを製作
他には縁起物の絵柄の絵皿や人形を作陶
今回は以前から気になって作ってみたかった京都で馴染みのある鍾馗さんと楽焼のブローチを初めて出展します。


〈林原伸樹/Shinki Hayashihara〉
2008年12月 脳出血で倒れる
2010年5月 右上肢、右下肢、言語機能障害のため一級身体障害者認定を受ける。
2015年12月「京都とっておきの芸術祭」で京都知事賞受賞
2016年8月「Co-jin Collection No.2」企画展
  10月「障害者アート作品展」鳥取県
  12月「京都とっておきの芸術祭」で佳作
2017年3月「陶と貼り絵の手しごと展」(二人展)開催
  12月「京都とっておきの芸術祭」で京都知事賞受賞
2018年6月「はやしはらしんき 貼り絵展」(個展)開催

僕が脳出血で倒れてからもう十年になります。
言葉を今でも半分しか分かりません。
そして、右手右足が上手く動きません。
でも、半分元気でいたら、世の中も十分に楽しめるはず。
自分の心の中をしっかりと持ち続けることだと信じています。


---------------------------------------

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 13:52| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

葡萄 4th

今週のギャラリーショップコラージュは【葡萄 4th】を開催しています。


dm.jpg


作家・辻村誠矢、石田愛による二人展です。
コラージュでの展覧会は今回で4回目となります。


2.jpg 6.jpg


石田さんは、アクアチントやエッチングなど銅版画技法による作品を制作されています。モチーフは鳥や草花に加えて、今回は久しぶりに人物を描いてみたそうです。


3.jpg


モデルは昨年出産されたという石田さんのお子さん(可愛らしい男の子♪)
日本画材で描いたお子さんとご自身の銅版画作品をコラージュした作品は、お母さんとしての優しいまなざしやあたたかい気持ちが伝わってきます。


1.jpg 5.jpg


そして、水彩画の上から細いペンを使って点描を描く辻村さん。モチーフの影となる部分や輪郭、背景など様々なところが点描でうめられており、その細かさに毎回驚かされます。今回は和紙に水彩ではなく、キャンバスにアクリル絵具+点描で描いた作品もあります。


7.jpg 4.jpg


技法は異なりますが、淡い色彩が印象的なお二人の作品、ぜひ会場でご覧くださいませ。


会期:2018年11月6日(火)〜11月11日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00まで)
*辻村さん、石田さん在廊日:10日(土)、11日(日)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 12:25| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

spicaの庭 クリエイター“aiko hattori” 個展 vol.2「イロアワセ」

今週のギャラリーショップコラージュは 【spicaの庭 クリエイター“aiko hattori” 個展 vol.2「イロアワセ」】です。


dm.jpg


ハンドメイドブランド「spicaの庭」のクリエイター“aiko hattori”による個展です。同時代ギャラリーでは2回目の開催となります。


1.jpg


spicaの庭では、主にリネンの端切れを使用してオリジナルのテキスタイル作品を制作しています。


3.jpg 2.jpg


今展では約30種類のリネン生地をパッチワークした布で制作したトートバッグやがま口、ファブリックパネル、その他様々な表情の顔を刺繍したブローチやストラップなどの小物作品を展示販売しています。


4.jpg 6.jpg


7.jpg 8.jpg


リネン生地の形と色のランダムな組み合わせが見た目にも楽しく、手縫いの温かみが感じられる作品の数々をぜひご覧ください♪


5.jpg


2018年10月30日(火)〜11月4日(日)
12:00〜19:00(最終日は17:00迄)
※hattoriさん在廊日時
10/31(水)12-16時半・11/1(木)12-14時・11/2(金)不在・11/3(土)12-17時・11/4(日)終日


--------------------------

母や妻などの社会的な肩書き、社会の常識によって
日々の生活の中では当然と思われがちな概念の中で
埋もれがちな本当に自分が望んでいること、
自分らしさ、自分の生き方、好きなもの、を掘り下げ見つめることを布のピースを選ぶ、
表現するという行動を通して追求し、
誰の中にでもある魅力を、自分を通して体現していく。

そして、
ハンドメイド、手芸と呼ばれる、学校で習うような、母が子の服を繕うような、誰の日常にでもある身近な
創作活動をよりアートととして深め、表現する。


<クリエイター aiko hatter>
1985年生まれ
京都橘大学 歴史学科卒
在学中、重度の心臓病の長男を出産。
闘病生活の末、どんな状況でも働けるようにと、自分の身一つでできる作家活動を始める。
その後、27歳で3人の男の子の母になり、3人の息子を連れて離婚。

2016年同時代ギャラリーにて初の個展「にっこり展」を開催。
現在 工務店勤務をしながら日本以外にも、アジア向けにオンラインで活動。
https://www.spica-garden.net/

--------------------------


posted by 同時代ギャラリースタッフ at 11:14| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする