2018年11月07日

葡萄 4th

今週のギャラリーショップコラージュは【葡萄 4th】を開催しています。


dm.jpg


作家・辻村誠矢、石田愛による二人展です。
コラージュでの展覧会は今回で4回目となります。


2.jpg 6.jpg


石田さんは、アクアチントやエッチングなど銅版画技法による作品を制作されています。モチーフは鳥や草花に加えて、今回は久しぶりに人物を描いてみたそうです。


3.jpg


モデルは昨年出産されたという石田さんのお子さん(可愛らしい男の子♪)
日本画材で描いたお子さんとご自身の銅版画作品をコラージュした作品は、お母さんとしての優しいまなざしやあたたかい気持ちが伝わってきます。


1.jpg 5.jpg


そして、水彩画の上から細いペンを使って点描を描く辻村さん。モチーフの影となる部分や輪郭、背景など様々なところが点描でうめられており、その細かさに毎回驚かされます。今回は和紙に水彩ではなく、キャンバスにアクリル絵具+点描で描いた作品もあります。


7.jpg 4.jpg


技法は異なりますが、淡い色彩が印象的なお二人の作品、ぜひ会場でご覧くださいませ。


会期:2018年11月6日(火)〜11月11日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00まで)
*辻村さん、石田さん在廊日:10日(土)、11日(日)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 12:25| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

綵土塾 展

今週のギャラリーは【綵土塾 展】を開催しています。


dm.jpg


作陶グループ「綵土塾」の塾生 約15名が出展する展覧会です。


-------------------------------


2008年に北海道、関東、関西エリアからメンバーが集まり、淡路島五色町に穴窯焼成を基本とした学習会「綵土(あやど)塾」を立ち上げ、原則として年に2回の作陶会と穴窯焼成を行っています。
大自然に囲まれての作陶後は美味しい産物を満喫しながら談論し、焼成では薪の火色に魅了され続け、黒陶や楽の焼成をも試み、ある者は伝統の形に、またある者は土や釉薬の研究を重ね、試行錯誤しながら土を楽しんでいます。
塾設立から10年目の今年は関西で3回目の「綵土塾展」を同時ギャラリーで開催となりました。


-------------------------------


1.jpg 2.jpg


綵土塾では、一人一人が独自の素材・技法を深めながら自由な表現活動を行っています。今回は主に花器やオブジェ、インスタレーション作品を発表します。


4.jpg 6.jpg



7.jpg 5.jpg



綵土塾で行われる穴窯焼成は、土の種類や作品の形状、窯内の温度変化などにより、作品が窯の中で崩れたり爆発したりと失敗することも多くあるそうです。何が起こるかわからない分、偶然にできた釉薬の景色や形の変化が楽しく、穴窯だからこそ出来る作品の個性や面白さを大切にされています。


3.jpg



会期中は代表の新田さんをはじめ、各作家さんが在廊予定です。ぜひお気軽にお話してみてください。


会期:2018年11月6日(火)〜11月11日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は16:00まで)

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 12:21| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

同時代ギャラリー 移動のお知らせ

【重要なお知らせ】
同時代ギャラリーは、2019年1月より1928ビル「2階」へ移動します。


----------------


皆さまにおかれましては、日頃よりご支援、ご愛顧をいただき誠にありがとうございます。


同時代ギャラリーは1996年、同時代性をキーワードに、特定の美術ファンだけではなく、広く一般の人々が現代美術を気軽に楽しめるギャラリーとして誕生しました。
以来22年。京都市中心部に位置し、若者文化の発信地として栄える三条御幸町のアートスペースとして、皆さまに愛されてまいりました。
当ギャラリーで作品を発表したアーティストは延べ10,000人に達し、その表現手法は、平面・立体・インスタレーション・パフォーマンス・映像・ライブ・トークショーなど多岐にわたります。
移りゆく時代の中で、京都のアートシーンを牽引しながら現代美術の可能性を問いかけてまいりました。


同時代ギャラリーが所在する「1928ビル」は、1983年に京都市の有形文化財に指定された歴史的建造物です。時間と記憶が折り重なる価値ある建造物の「1階」を舞台に、当ギャラリーはその歴史を刻んでまいりました。

そしてこの度、2019年1月より同ビルの「1階」から「2階」へと移動する運びとなりました。


完成の無い「ギャラリー」という空間を、同時代を生きる表現者たちとともに、社会の有り様や生き方を問う「創造の場」としてさらに躍進させ、皆さまにご覧いただけるよう、関係スタッフ一同、一層努めてまいる所存です。


今後ともご支援、ご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


平成30年11月1日 
同時代ギャラリー代表 尚赫


----------------


※「Handmade Products Creators Shop tomarigi」および「実験shop1928」は、2018年12月末をもちまして営業を終了いたします。長い間、ご支援、ご愛顧いただき誠にありがとうございました。


なお2019年のギャラリー/ギャラリーショップコラージュのご予約については、現在も通常通り受付中でございます。
詳しくは同時代ギャラリーHP<News>欄をご覧くださいませ。

http://www.dohjidai.com/gallery/relocate_announcement/

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 15:26| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする