2018年05月16日

共関展

今週のギャラリーは【共関展】を開催しています。


dm.jpg


会期:2018年5月15日(火)〜5月20日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)


1.jpg 5.jpg


上坂 悟/Kosaka Satoru、田甫 実/Taho Minoru による展覧会です。
お二人はそれぞれ千葉県、兵庫県と住む場所は違いますが、お仕事の傍らひたすらに制作を続けておられます。
上坂さんはここ2年のうちに制作した顔料+樹脂系メディウムを用いた作品を、田甫さんは過去10年間で制作してきたアクリル、油絵による作品を発表します。


2.jpg 3.jpg


---------------------------------


ご挨拶


40年前の1978年に、東京日本橋の真木画廊で二人は「共時展」(ユングの共時性から引用)をしました。そして、この度、その第2回展として「共関展」を、京都の同時代ギャラリーで開催する運びとなりました。

 二人は、その間、疎遠になっていましたが、それぞれの立場で制作を継続してきました。数年前に京都で再開し、お互いが美術に熱意を持ち続けて、自然(世界)のありようの真理を探求し、それを表象することを制作意図としていると確認しました。

 当然、二人の作品には、共通するものと異なるものの相違があります。しかし、同時に展示することにより、40年前とは違う相互の為事が作用し、反応し、 新たな触発が生ずる期待があります。それらを更なる創造の変数に加えて、次なるステップとして、展開していく所存です。
 ご高覧とご教示をいただければ幸いです。


平成30年5月吉日


---------------------------------


タイトルの「共関」とは共感と関係をあわせた造語で、IQ(人工知能)とEQ(人間力)の関係について知ること、を表しているそうです。
お二人ともIQ以上にEQによる共感と連携を大事にしたい、という想いのもと制作をつづけておられます。


4.jpg 6.jpg


会期中、毎日在廊されていますのでぜひお話を聞いてみて下さい。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 15:04| Comment(0) | 同時代ギャラリーインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めいめい展

今週のギャラリーショップコラージュは【めいめい展】を開催しています。


dm.jpg


会期:2018年5月15日(火)〜5月20日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は17:00迄)


5.jpg 4.jpg


----------------------------


私たちは京都造形芸術大学で日本画を学んでいる三回生です。
そこで知り合った三人で展覧会をすることになりました。


皆同じ日本画コースですが、それぞれ異なった世界観が面白いのではないかと
思いそこから「めいめい」と名付けました。


まだまだ未熟ではありますが、是非ご高覧ください。


(林篤志/Hayashi Atsushi 高橋笙子/Takahashi Shoko 林李子/Hayashi Momoko)


----------------------------


8.jpg 2.jpg


林篤志さんは丸太のある風景を描いた作品やリンゴのオブジェを、


3.jpg 6.jpg


高橋さんは墨やペンを用いて緻密に描いた作品を、


1.jpg 7.jpg


林李子さんは「うんすんカルタ(和製カルタ)」をモチーフに描いた作品や現代的なモチーフを描いた扇子を、それぞれ展示しています。


学外で作品展を開催するのも今回が初めてという三人。三回生ということでこれからどのように自身の制作を深めていくのでしょうか。
三者三様の表現をお楽しみください。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 14:59| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

堤 麻乃 個展 「Light Experiment」

今週のギャラリーショップコラージュは【堤 麻乃 個展 「Light Experiment」】を開催しています。


3.jpg


会期:2018年5月8日(火)〜5月13日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は18:00迄)


作家・堤麻乃による写真展です。


1.jpg 6.jpg


----------------------------------------


本作は、写真を用い、光を視覚可能な存在とする表現を試みる。プロジェクターを空間に投影し、アクリル板で光を操作しイメージを作り出す。光は図像として可視化し、印刷物として具現化する。イメージには親密さや懐古的な感情を想起させる情報はなく、作品は観賞者の知覚行為を通して各々の内面を反映 し、その反応により意味が生まれる。
本展では、観賞者に光のイメージと融和する感覚を喚起する。


〈堤 麻乃 / Tsutsumi Asano〉
1991 兵庫県生まれ、京都を拠点に活動


<個展>
2018 Light and Form KG+2018(cumono gallery / 京都)
2017 Into the Void KG+2017(ル・プチメックOMAKE / 京都)
<グループ展>
2017 The Scrap(ソウル / 韓国)
2017 第16回京都現代写真作家展(京都文化博物館 / 京都)
2017 写真と講学/フォトスとやま2017(富山市民プラザ / 富山)
2016 同時代・アンデパンダン展(同時代ギャラリー / 京都)
2014 Turf(Bargehouse / ロンドン)


http://www.asanotsutsumiphotography.com/


----------------------------------------


堤さんは、壁にプロジェクターで投影した光をアクリル板で操作してそれをカメラで撮影、そこで撮った写真をまたプロジェクターで投影して撮影、、、という行為を繰り返し行うことで作品を制作しています。


2.jpg 3.jpg


きらきらとしたメタリックな素材にプリントしアクリル板を重ねたもの、マットな紙にプリントしたもの、アクリル板に直接プリントしたもの等、作品には様々 な素材が使用されています。またサイズや展示する位置もそれぞれ異なります。

それにより「撮影されているもの」であったり「画面に反射して写り込んでいるもの」であったりと見るポイントが変わるので、鑑賞者の目線も自然と動いていくことになるでしょう。

『展示空間の中を移動しながら見てもらえるように』するために、敢えてこのような方法で展示構成をしているそうです。


5.jpg 4.jpg


重なりあう光のイメージをじーっと見つめていたくなる、シンプルながらも印象的な作品です。
ぜひご高覧ください。

posted by 同時代ギャラリースタッフ at 18:23| Comment(0) | ギャラリーコラージュインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする